【買ってはいけないキャンプ用品】実際に買って失敗した道具を5年目キャンパーが紹介

この記事でわかること
  1. 買ってはいけないキャンプ用品がわかる
  2. 5年目キャンパーが買って失敗したと感じたキャンプ道具がわかる

キャンプ歴が5年目になると「あ~、これは失敗だったな~」というキャンプ用品がごろごろ出てくるもの。

今回は、キャンプ歴5年目のシンママキャンパーが、実際に購入し失敗したキャンプ道具をご紹介していきたいと思います。

あかり

好きなメーカーでも忖度ゼロでラインナップしています!

では、『【買ってはいけないキャンプ用品】実際に買って失敗した道具を5年目キャンパーが紹介』を書いていきます。

 

タップできる目次

買ってはいけないキャンプ用品のリアルな失敗談

買ってはいけないキャンプ用品をピックアップしました。

私が実際に買って使ったものだから、口コミはかなりリアルです。

キャンプ用品のカテゴリーごとに分類しているので、お好きな項目へジャンプしてください。                        

買ってはいけないキャンプ用品

では順に見ていきます。

買ってはいけないキャンプ用品:テントはキャンプスタイルをよく考えて

買ってはいけないテント、私が買って失敗したなと思ったテントは以下の3つ。

  1. neos PANEL スクリーンドゥーブルXL(LOGOS)
  2. エクスカーションティピー(Coleman)
  3. タケノコテントミニ(DOD)

簡単に表にまとめてみました。

スクロールできます
キャンプ用品画像キャンプ用品名定価失敗した理由
neos PANEL
スクリーンドゥーブルXL
(LOGOS)
49,800円1人で設営するにはパーツが多くて重い。
エクスカーションティピー
(Coleman)
22,800円中はティーピー型なので居住性が悪い。
【販売終了】タケノコテントミニ(ベージュ) T5-584-BGタケノコテントミニ
(DOD)
廃版品出入り口が低すぎて出入りが超ストレス。

では、順に見ていきましょう。

失敗したテント①:neos PANEL スクリーンドゥーブルXL LOGOS)

最初はベーシックなツールームテント(寝室とリビングがあるテント)を購入しました。

でもテントのフレームがたくさんあって1人で立てるのは大変・・・(汗

あかり

しかも、当時の子供たちはテント内でじっとしている時間は皆無!

せっかくのツールームテントでゆっくり座る時間なんてなかったので、リビング部分はほぼ未使用

フレーム設営が大変な大きなテントはすぐに出番がなくなりました。

失敗したテント②:エクスカーションティピー(Coleman)

次に購入したのは簡単に立てられると聞いたワンポールテントのエクスカーションティピー

設営は簡単だったんですが、四角すいの形なので室内が狭くて居住性があまりよくありませんでした

失敗したテント③:タケノコテントミニ(DOD)

【販売終了】タケノコテントミニ(ベージュ) T5-584-BG

ワンポールタイプの広々したタケノコテントミニは、室内広々で居住性が抜群で最高!・・・だったんですが。

あかり

出入り口がめっちゃ狭いんです!!

こどもはいいとして、大人は四つん這いにならないと出られない高さ。

しゃがんで出ることもできずに非常に不便でした。

5年目キャンパーが買ってよかったと思ったテントはこちらからどうぞ。

 >> 買ってよかったテントを見てみる

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品:タープは最悪なしでもいい

買ってはいけないタープ、私が買って失敗したなと思ったタープは以下の2つ。

  1. チーズタープ(DOD)
  2. 陣幕ワイド(tent-Mark DESIGNS)

わかりやすく表にしました。

スクロールできます
キャンプ用品画像キャンプ用品名定価失敗した理由
チーズタープ
(DOD)
廃版品大きすぎて重い・・・
陣幕ワイド
(tent-Mark DESIGNS)
廃版品区画サイトではそんなに使わない。

それぞれ見ていきましょう。

失敗したタープ①:チーズタープ(DOD)

DODのチーズタープは5m×5mの大型タープ。

大きな影ができるし、テントがすっぽりカバーできるので雨の日のキャンプでは重宝していました。

あかり

でも、小さめの区画サイトではタープが大きすぎて使えないんです(汗

しかも、タープの生地は重いTC素材なので、設営や撤収の時はまぁまぁな重労働・・・。

結局出番はなくなってしまいました。

失敗したタープ②:陣幕ワイド(tent-Mark DESIGNS)

正確にはタープではないのですが、tent-Mark DESIGNSの陣幕ワイドはサイトを仕切るために重宝する道具。

冬は風をしのげるし、フリーサイトでは他のキャンパーたちの視線を遮れるいい道具・・・なんですが。

あかり

単純に出番が少ないんですよね~。

あれば便利だからいいんですが、結構なお高い割りに使用方法が限定的で出番が少ないので失敗したなーと思いました。

 >> 5年目キャンパーがおすすめするタープを見てみる

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品:調理グッズは自分を過大評価するとダメ

  1. クッカースタンド350
  2. ダッチオーブン(黒川鉄板)
  3. fanライスクッカー
  4. フィールドキャリングシンク
  5. ステンレスダッチオーブン10インチ
  6. 専用保温保冷調理器 エミール
スクロールできます
キャンプ用品画像キャンプ用品名(日本語表記順)定価失敗した理由
【4/9〜16お買い物マラソン限定★ポイント10倍】Snow Peak スノーピーク コンボダッチデュオ CS-550 【キャンプ アウトドア ダッチオーブン 料理 調理器具 BBQ スキレット プレート クッカー 炊飯】コンボダッチ デュオ26,180円少人数で使えるダッチオーブンを購入。
ただ、鋳造製のダッチオーブンなので、
こまめなメンテナンスが必要だった。
結果、錆びた。
クッカースタンド3503,900円そもそも使わなかった
ダッチオーブン(黒川鉄板)12,500円思ったよりメンテナンスが大変
fanライスクッカー5,900円普通のお鍋でご飯を炊けるようになった
ユニフレーム フィールドキャリングシンク 660416フィールドキャリングシンク7,900円火にかけるときに本体が汚れるのが手間

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品:チェア・テーブルは汚れる前提で買うべき

  1. DOD 焚き火チェア
  2. ヘリノックス チェアワン
  3. アウトドアワゴンテーブル
  4. テーブル&チェアのセット

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品:焚き火グッズはよく考えて

  1. FGポットハンガー
  2. チャコスタ
  3. 薪グリル
  4. 火消壺
  5. ユニセラ TG⁻Ⅲ 
  6. ピラミッドグリルS
スクロールできます
キャンプ用品画像キャンプ用品名(日本語表記順)定価失敗した理由
FGポットハンガー7,900円使う頻度が少ない
チャコスタ4,900円キャンプの腕が上がって使わなくなった
ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル 682906薪グリル13,900円家族で使えない設計
火消壺12,500円もっと安くて多機能な火消壺があった
フィールドラック4,500円単純に重い
ユニセラ TG⁻Ⅲ 13,000円オプションが多すぎて迷う
ピラミッドグリルS4,950円燃焼効率が良すぎてすぐに炭火が燃え尽きる。

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品:LEDランタンは良し悪し

  1. ノクターン限定品
  2. ほおづき たねほおづき
  3. クアッドマルチパネルランタン
  4. ミレニアLEDキャンプサイトライト
  5. ランタンスタンド
スクロールできます
キャンプ用品画像キャンプ用品名(日本語表記順)定価失敗した理由
リトルランプ ノクターン
(雪峰祭限定品)
4,890円もったいなさ過ぎて使えない。
ただのコレクションになって使わなかった。
通常版でもガスボンベが購入しにくく、
使う頻度が少ない。
スノーピーク(snow peak) ランタン LED ライト たねほおずき カーキ FES-441-KH (カーキ/FF/Men's、Lady's)ほおづき
たねほおづき
(画像はたねほおづき)
11,000円LEDで自然に揺らめく光は魅力的だったが、
これだけだと非常に暗い。
結局他のランタンに変更した。

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品:寝具は寒さ対策を優先しないとダメ

  1. インフレーターマット
  2. エアーマット
  3. ヘリノックス コットマックス
スクロールできます
キャンプ用品画像キャンプ用品名(日本語表記順)定価失敗した理由
セルフ インフレーターマット17,980円気温が低いとなかなか膨らまない。
畳むのが大変。

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品:クーラーボックスは1つあればいい

  1. ハイパー氷点下クーラーL
  2. アルティメイトアイスクーラー
スクロールできます
キャンプ用品画像キャンプ用品名(日本語表記順)定価失敗した理由
ハイパー氷点下クーラーL11,000円畳むとコンパクトになるけど、ややかさばる。
Lサイズは女性が持ち運ぶには重い。

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品:物を減らせば収納グッズはいらない

  1. テキーララック
  2. フィールドラック

それぞれ、買ってはいけない理由を以下に記載しています。

スクロールできます
キャンプ用品画像キャンプ用品名(日本語表記順)定価失敗した理由
フィールドラック4,500円単純に重い

目次に戻る

買ってはいけないキャンプ用品のまとめ

今回は『【買ってはいけないキャンプ用品】実際に買って失敗した道具を5年目キャンパーが紹介!』をテーマに書きました。

買ってはいけないキャンプ用品は、キャンプスタイルによっては使いやすくなることもよくあります。

「キャンプ用品を買う前に試せたらいいのにな~」という人には、キャンプ用品のレンタルサービスがピッタリ。

 >> キャンプ用品のレンタル「hinataレンタル」の詳細を見る

コストを抑えていろいろ試せるので「買わなきゃよかった…」なんて後悔することもないですよ♪

あかり

では、よきキャンプライフをお過ごしください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンパー歴4年。
関西在住シングルマザー。
2つのブログを運営して半年で収益5桁達成。
「火」のある暮らしを目指して日々奮闘。
最終目標は山を買うこと(*'ω'*)

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる