キャンプで使うペグのおすすめランキング6選【徹底比較】テント・タープの設営を時短にしよう。|母子キャンプ目線

キャンプで使うペグのおすすめランキング6選【徹底比較】テント・タープの設営を時短にしよう。

こんにちは!

火のある丁寧な暮らしに憧れる女。

あかり

アラサーシンママの火野あかりです。

カルシファー

やぁ。僕カルシファー。火の悪魔です。

 

目次

キャンプで使うペグのおすすめポイント4つ

キャンプで使うペグは種類だけでもたくさんあるので選ぶのも大変です。

今回は、私が実際にキャンプをしていて、使いやすいと思うペグのおすすめポイントはこちら。

4つのおすすめ基準

  1. 丈夫さ
  2. 固定力の強さ
  3. いろいろ使える汎用性
  4. 口コミ・評判のよさ
あかり

ペグはテントやタープを固定するものだから、「丈夫さ」と「固定力」の強さは必至!あとはいろいろ使える「汎用性」もポイント。

カルシファー

わかりやすくランキングにしているよ♪

⇒ 目次へ戻る

キャンプで使いやすいペグおすすめランキング比較表

キャンプで使いやすいおすすめペグのランキングを表にしてまとめてみました。

わかりやすく比較していますので、ぜひ参考にしてみてください♪

スクロールできます
ペグ画像商品名おすすめ度ペグの種類向いている地面向いていない地面汎用性サイズ重さ(本)価格(本)
snowpeak
(スノーピーク)


ソリッドステーク
鍛造ペグほとんどのキャンプ場で使用可能砂地・柔らかい地面20cm
30cm
40cm
50cm
75g
180g
330g
540g
320円
420円
830円
1,110円
岩野(i-WANO)

岩野ペグ
鍛造ペグほとんどのキャンプ場で使用可能 砂地・柔らかい地面 30㎝192g500円
村の鍛冶屋 

エリッゼステーク
鍛造ペグ
(粉体焼付塗装)
ほとんどのキャンプ場で使用可能 砂地・柔らかい地面 18cm
28㎝
38㎝
77g
192g
346g
約400円
約500円
約750円
※セット販売のみ
tent-Mark DESIGNS
(テンマクデザイン) 


チタンペグ
チタンペグほとんどのキャンプ場で使用可能 砂地・柔らかい地面 30cm68g980円
LOGOS
(ロゴス)

スクリューペグ
スチール製
スクリューペグ
砂地・柔らかい地面 石が多く、硬い地面41㎝300g770円
MSR 

サイクロンステイク
アルミニウム製
スクリューペグ
砂地・柔らかい地面 石が多く、硬い地面25㎝35g913円

キャンプで使いやすいペグおすすめ6選

キャンプで使うペグのおすすめ6選をランキングにしてみました。

普通のキャンプ場であれば、鍛造ペグがおすすめ。

海辺や砂地、雪上などの柔らかい地面にはスクリューペグ一択

長さは普通のキャンプ場なら30㎝までで十分。

ぬかるんだところや柔らかい砂地なら50㎝のペグは必要ですが、携帯性が悪いからスクリューペグを用意しておきましょう。

風が強い場合は15cmでは抜けてしまうので注意。

柔らかい地面なら40㎝は必要。

snowpeak(スノーピーク) ソリッドステーク

岩野(i-WANO)鍛造ペグ

村の鍛冶屋 エリッゼステーク

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) チタンペグ

ロゴス(LOGOS) スクリューペグ2

MSR サイクロンステイク

まとめ

今回は、「 キャンプで使うペグのおすすめランキング6選【徹底比較】テント・タープの設営を時短にしよう。」というテーマで記事を書きました。

キャンプ場は場所によって地面の状態が違います。

多くのキャンプ場では丈夫な鍛造ペグを持っていれば十分ですが、地面の状態に合わせて予備のペグは持っていた方が安心。

行きたいキャンプ場の下調べは必須ですので、最適なペグを選んでみてくださいね♪

あかり

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました!
火のある丁寧な暮らしに憧れる
アラサーシンママの火野あかりでした!

\ぽちっと応援ありがとうございます♪/

ブログランキング・にほんブログ村へ

キャンプで使うペグのおすすめランキング6選【徹底比較】テント・タープの設営を時短にしよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

キャンパー歴4年。
関西在住シングルマザー。
2つのブログを運営して半年で収益5桁達成。
「火」のある暮らしを目指して日々奮闘。
最終目標は山を買うこと(*'ω'*)

コメント

コメントする

目次
閉じる