【レンタカー初心者必見!】借り方を失敗したら追加料金がかかる!?【回避するための3つのコツ】

【レンタカー初心者必見!】借り方を失敗したら追加料金がかかる!?【回避するための3つのコツ】のアイキャッチ

こんにちは!

あかり

キャンプ歴5年目。アラサー&シンママの火野あかりです。

の記事でわかること
  • レンタカーをキャンプで使うときのコツがわかる
  • 初心者キャンパーがレンタカーを使うときにやりがちな失敗がわかる

レンタカーの借り方なんて、「言われなくても知ってる。予約して取りに行けばいいんでしょ?」というキャンプ初心者は多いはず。

でも、普通の旅行とちがい、キャンプでレンタカーを使うときには注意すべきポイントがあるんです。

今回は、キャンプ歴4年目、軽自動車キャンパー時々レンタカーキャンパーの私が、初心者キャンパーさん向けにレンタカーでキャンプに行くときのコツを書いていこうと思います

では、『【レンタカー初心者必見!】借り方を失敗したら追加料金がかかる!?【回避するための3つのコツ】』をはじめていきます!

運営者プロフィール:Twitter(@calcifer_akari

 

タップできる目次

レンタカー初心者が失敗する借り方の特徴

車を持っていない人にとって、キャンプでレンタカーを使うのはとても便利。

けれど、レンタカーって頻繁に借りるわけではないから借り方に失敗するときもありますよね。

レンタカーの借り方に失敗すると追加料金を請求される場合があるので、注意が必要です。

レンタカー初心者が失敗する借り方3つ

レンタカーは自家用車を持つよりコストを抑えられ、気軽に利用できるのが魅力ですが、制約が多くなってしまうのがデメリット。

 >> キャンプにマイカーと車をレンタルした場合のコストの差を見てみる

レンタカーは24時間営業しているところなら時間は気にせずにすみますが、料金は別

人の少ない早朝は別料金がかかるところが多いですし、レンタカーの貸し出し時間をオーバーすれば追加料金を請求されます

レンタカーよりもカーシェアの方が24時間いつでも車の出し入れができるので便利ですが、長時間利用するならレンタカーの方がコストはかかりません。

また、レンタカーは自分の次に利用する人がいるので、しっかり清掃して返すのがマナー。

レンタカーの汚れや傷がひどい場合は、清掃料金を支払ってスタッフの方にレンタカーの清掃をお願いすることになってしまいます。

カルシファー

キャンプもレンタカーも「来たときよりも美しく」だよね。

目次に戻る⇒

レンタカー初心者は出発の準備を念入りにしておくべし!

多くのレンタカー会社は朝8時~20時まで営業しています。

朝8時からレンタカーを借りてくると、初心者さんは特に遅れがちになっていきます。

あかり

「キャンプ場についたころにはお昼を過ぎていた」なんていうのは初心者キャンパーあるあるです(汗)

キャンプに行くには、車へのキャンプ用品の積載は欠かせません。

レンタカーを借りる時は、荷物を積む込み時間を考えてスケジュールを立てるのが正解なんです。

\ 初心者さんにおすすめのレンタカーの借り方 /

  • レンタカーに積み込むキャンプ用品は前日から準備しておく。
  • レンタカーに積み込む順番をしっかりシミュレーションしておく。
  • キャンプ用品を保管している場所から一番近いレンタカー会社を利用する。

上記3点をしっかり考えておけば、スムーズにレンタカーを借りることができるんです♪

目次に戻る

【解決策】時間に追われないようにするには?

キャンプ初心者さんは最初からキャンプ用品の積載がうまくいくとは限りません。

できればゆとりをもって車に積載していきたいですよね。

初心者さんでもうまくいくレンタカーの借り方は2つ。

  1. 24時間営業のレンタカー会社を利用する
  2. 前日からレンタカーを借りておく

時間に余裕をもってレンタカーを借りておくことで、時間に追われず準備することができます。

ただ、料金が割り増しになってしまうので、何を優先するかはしっかりとご検討ください!

※レンタカーは24時間営業の営業所や、早朝・深夜対応をしている営業所は少なくなっているので必ず事前に確認してください。

あかり

こちらの記事でおすすめの安いレンタカー会社別の料金比較をしているのでよかったら参考にしてみてください!

目次に戻る

初心者キャンパーがレンタカー返却時にやりがちな失敗【汚れに注意!】

レンタカーは借りものだから、きれいに返却するのが鉄則。

キャンプ場からもってきた草や土、虫さんはレンタカーを返却する前にしっかり掃除しておきましょう

汚れがひどいと返却時に清掃料金を請求されてしまうこともあるので、念入りにチェックが必要です。

【解決策】車内を汚さないようにするには?

レンタカー内を汚さないようにするには、

  • キャンプ前のキャンプ用品の出し入れ
  • 人の乗り降り

上記2つのタイミングで注意しておけばOKです。

トランク内の保護

まずはレンタカー内のトランクを保護しましょう。

キャンプ用品を積載する前に、車のトランクにシートを敷くなど汚れや傷をつけない工夫をしましょう。

普通のブルーシートでもいいですが、分厚いめのトレイを使用すると、汚れが貯められるので楽です。

\ キャンプ用品の積載についてはこちらの記事で紹介しています♪ /

人の乗り降りの汚れは直前に対策!

人がレンタカーに乗り降りするとき一番汚れを持ち込みやすいのは「靴」。

レンタカーに乗りこむ前に車外で靴を脱いでから入るようにすればOK。

カルシファー

でも、車の外で靴を脱いだら結局足が汚れちゃうよ?

あかり

そういうときは、サンダルに履き替えるとか、折りたたみできる玄関マットがあると便利だよ!

(画像準備中)

レンタカーに乗り込む前にマットの上で靴を脱いでおくと、土や草がレンタカーに入りにくくなるのでおすすめです。

砂が下にたまるタイプよりは、穴が開いていて下に落ちた方がその後の片付けが楽ちんですよ♪

でも、100%じゃないから、キャンプ後の掃除はしっかりやっておきましょう。

目次に戻る

レンタカー初心者は必須!返却のスケジュールを逆算しておく

キャンプでは、撤収に時間がかかってしまったり、思わぬ渋滞に巻き込まれたり、帰りの時間は読めないことも多いです。

レンタカー利用時は早め早めにスケジュールを立てておきましょう。

予算に余裕があるなら、万が一のことも考えて長めにレンタカーを借りておくのも賢い借り方ですね。

また、キャンプの後に、近くの温泉やテーマパークに寄り道して、観光を楽しむ方法もアリ!

高速料金が割り引きになるETCカードは本カードを利用すると、テーマパークやレストランが割引になるカードもあります。よ。

こちらの記事でレンタカーキャンプに使えるETCカードをくわしく紹介しているので参考にしてみてください。

【解決策】撤収時間を短縮しよう

レンタカーを長く借りるのではなく、できるだけ撤収時間を短くするとレンタカーを早く返却できます!

撤収で一番大変なのはテントなので、まずは簡単に設営・撤収できるテントを選ぶのがコツです。

他にもテントを早く撤収するにはいくつかポイントがあるので、すぐにできるポイントを2つご紹介しますね。

テントの撤収をより早くするためのポイント

  • テントを早く乾かすこと(キャンプ後のテントはほぼ100%濡れます)
  • テントを早く畳むこと(ちょっとしたコツがあります)

テントの撤収がパッとできるようになれば、レンタカーの返却まで余裕ができるようになります。

焦ってレンタカーを運転して事故を起こしてしまうと大変!

渋滞など自分ではどうしようもないことはしょうがないとして、自分でできることはやっておいてキャンプを楽しみましょう。

 >> キャンプ後のテントを乾燥させる方法を見る

 >> キャンプのテントの畳み方を見る

目次に戻る

まとめ

今回は『【レンタカー初心者必見!】借り方を失敗したら追加料金がかかる!?【回避するための3つのコツ】』について記事を書きました。

レンタカーの借り方は簡単ですが、普通の旅行とちがってレンタカーキャンプでは注意点が多め

レンタカーの料金をできるだけ抑えるためにも、今回お伝えしたコツをぜひ実践してみてください♪

あかり

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました!
火のある丁寧な暮らしに憧れる
アラサーシンママの火野あかりでした。

【レンタカー初心者必見!】借り方を失敗したら追加料金がかかる!?【回避するための3つのコツ】のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンパー歴4年。
関西在住シングルマザー。
2つのブログを運営して半年で収益5桁達成。
「火」のある暮らしを目指して日々奮闘。
最終目標は山を買うこと(*'ω'*)

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる